カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
TSAの説明 SECURITY

TSAロック

TSAロックとは国際的に認可された特別な鍵の名称です。

アメリカ方面の渡航では、航空機搭乗の際、預ける荷物に鍵をかけないようアナウンスされます。 理由はなぜか?それは危険がないかどうか、係員がカバンをあけて確認するためです。 鍵がかかっていた場合、係員は鍵を壊して検査します。 これは免責となっていて、弁償・補償は一切ありません。

赤いダイヤモンドがTSAロックのマークです。

TSAロックは全て赤いダイヤモンドのロゴがついています。 各ロックにはTSA001からTSA007までのコードがついており、それにより、TSA、CATSAなどの検査機関はどのツールを使って開錠するのか識別します。

TSAロックがあれば鍵をかけて預けることができます。

TSAロックとは、アメリカ運輸保安局に認可された特別な鍵です。 TSAロックであれば、鍵をかけて預けることができます。 検査となった場合、TSA職員が専用のツールを使用して開錠し、検査後にはまた鍵をかけて戻してくれるので、防犯面も安心です。 対象の地域は、アメリカ・ハワイ・グアム・サイパンに近年カナダも加わりました。


株式会社マツモトのTSAロックなら保証も万全

今では当たり前となったTSAロックを日本に導入したのは、愛知県の旅行かばんメーカー「サンコー鞄」でした。このサンコー鞄からスーツケース作りのノウハウを受け継いだ愛知県のかばん会社株式会社マツモトは、TSAロックシステムを管理しているトラベルセントリー社や、日本の一流錠前メーカーと日々連携をとりながら安心できる製品の開発に努めています。 TSAロックは認可された高機能な鍵ですが、極まれに、TSA職員によって壊されてしまうことがあります。 その場合、株式会社マツモトは破損したおかばんを無償修理・交換することを保証いたします。

もし預けたカバンが破損してしまったら?

TSA職員が検査した場合、検査証が入っています。

TSA職員はよく訓練されていますが、たくさんの荷物をすばやく検査する必要があるため、やむを得ず壊してしまう場合があります。 その場合、検査証明書がカバンの中に入れられます。 この証明書があれば無償での修理対応をお約束しております。

株式会社マツモトで販売しているカバンは全て対応いたします。

このようにTSA職員によって壊された場合は、証明書と一緒に弊社にお預けください。 株式会社マツモトはTSAロックを管理しているトラベルセントリー社と綿密に連携をとっておりますので、素早く、万全の対応をさせていただきます。



本ページは2023年10月時点での情報を基に作成しております。
本ページの内容の無断転記を禁じます。

ご利用ガイド

お支払い方法

クレジットカード決済、代金引換(ヤマト)、キャリア決済(docomo、SoftBank、au)

Amazon pay、PayPay近日開始

配送・送料

3,980円以上のお買上で全国送料無料

※最短当日出荷

お問い合わせ

サンコー鞄製品の修理・アフターサービスについては、下記にて承っております。

販売会社概要

株式会社マツモト|ランドセル・バッグの製造販売

〒486-0912 愛知県春日井市高山町四丁目9番地7

※ショップ営業時間:水土日祝除く10:00-16:00